CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのパレットカラーを変更

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-レイヤーのパレットカラーを変更01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのパレットカラーを変更

こ、この表情は使いどころに困りますなあ…

前回の「レイヤーを2ペインで表示」に続き、大量のレイヤーを管理する時に便利な、いわゆるレイヤーの色分け方法です。

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのラスタライズとは

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-レイヤーのラスタライズとは01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのラスタライズとは

前回までで、3Dデータを呼び出したり、フキダシ・テキストツールで文字を打ち込んだりしました。

このレイヤーたちは、あとでポーズを変えたり、文章を書き変えたりできますが、その代わりペンツールなどで直接描くことができなくなってます。

CLIP STUDIO PAINT PRO テキストツール③ 曲線フキダシ

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-テキストツール③ 曲線フキダシ01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO テキストツール③ 曲線フキダシ
ホントは小指と親指を曲げた3にしたかったんですが、この3Dキャラは親指の曲げが苦手のようでした…
ポリゴンキャラはボーン入れたり、稼動範囲設定したりと、本来間接曲げるの一苦労なんで、これだけ手軽に指が曲げられるだけでも感動ものなのですが。

CLIP STUDIO PAINT PRO テキストツール① テキスト

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-テキストツール① テキスト01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO テキストツール① テキスト

いやあ、こういう時3Dキャラは便利ですなぁ

ということで、マンガ制作支援に優れたCLIP STUDIO PAINT PROの機能「フキダシ」ですけれども、先にフキダシの中に入れる「テキスト」の方から触っていきます。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形④ 各部位の寸法を詳細調整

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-3Dデッサン人形④ 各部位の寸法を詳細調整01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形④ 各部位の寸法を詳細調整

3つ用意されている体型の調整ボタンの一番右のボタンにいってみます。
スクロールバーでお察しのとおり、かなりの部位の調整を行うことができます。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形③ 体型を詳細調整

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-3Dデッサン人形③ 体型を詳細調整01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形③ 体型を詳細調整

3つ用意されている体型の調整ボタンの真ん中のボタンにいってみます。

真ん中のボタンは「詳細調整」となっていて、前回の左のボタンが感覚的に調整できる「簡易調整」に対し、こちらは数字で見ることができます。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形② 体型と寸法を簡易調整

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-3Dデッサン人形② 体型と寸法を簡易調整01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形② 体型と寸法を簡易調整

3Dデッサン人形だと、3Dキャラではできなかった体型も調整できます。

前回、3Dデッサン人形を呼び出すところをやったので、さっそく体型をいじってみましょう。