DesignDollの3Dアイテム追従設定

DesignDollの3Dモデル追従設定00

DesignDollの3Dアイテム追従設定
前回「DesignDollのポーズ、モデル共有サイトを利用してみる」で、「ドールのアトリエ」の紹介と、投稿されているポーズ・モデルの呼び出しを紹介しました。

今回は、投稿者によって設定されたアイテムの追従設定の変更です。

DesignDollのポーズ、モデル共有サイトを利用してみる

DesignDollのポーズ、モデル共有サイトを利用してみる

おぉ… なんか別のサイトみたい。

「DesignDoll」には無料版とライセンス(有料)版の二つが用意されていますが、今回の紹介はライセンス版に備わった機能となっています。

DesignDollのモデルに直接線を描いてみた

DesignDollのモデルに直接線を描いてみた00

DesignDollのモデルに直接線を描いてみた

しょ、正直ここまで描く必要は…

デザインドールは3Dモデルのポーズや体型が比較的簡単に調整できることが分かりました。

しかしモデルがのっぺらぼうの為、特に描く人によって瞳のサイズや生え際などがガラリと変わるデフォルメキャラだと、顔のアタリも欲しくなってきます。

DesignDollで体型を変えていこう

DesignDollで体型を変えていこう00

DesignDollで体型を変えていこう

毎日同じ朝ご飯だと飽きるように、かわいい子描こうと日夜頑張っていると反動でごっつい筋肉を描きたい時ってありますよね!

な、ないですかそうですか…

「DesignDoll」は難しいポーズの絵を描く際におおいに役立つ3Dデッサン人形ソフトウェアです。

DesignDollで複雑なポーズ・構図に挑戦してみよう

DesignDollで複雑なポーズ・構図に挑戦してみよう00.png

DesignDollで複雑なポーズ・構図に挑戦してみよう

次世代デッサン人形「DesignDoll」で、諦めていた複雑なポーズに挑戦!

という紹介で、TOP絵に複雑なポーズを載せようと思ったんですけど、いざ複雑なポーズというとなかなか思いつきませんな…

とりあえず寺沢武一先生リスペクトでスペースオペラっぽくしてみましたがいかがでしょう。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形④ 各部位の寸法を詳細調整

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-3Dデッサン人形④ 各部位の寸法を詳細調整01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形④ 各部位の寸法を詳細調整

3つ用意されている体型の調整ボタンの一番右のボタンにいってみます。
スクロールバーでお察しのとおり、かなりの部位の調整を行うことができます。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形③ 体型を詳細調整

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-3Dデッサン人形③ 体型を詳細調整01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形③ 体型を詳細調整

3つ用意されている体型の調整ボタンの真ん中のボタンにいってみます。

真ん中のボタンは「詳細調整」となっていて、前回の左のボタンが感覚的に調整できる「簡易調整」に対し、こちらは数字で見ることができます。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形② 体型と寸法を簡易調整

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-3Dデッサン人形② 体型と寸法を簡易調整01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形② 体型と寸法を簡易調整

3Dデッサン人形だと、3Dキャラではできなかった体型も調整できます。

前回、3Dデッサン人形を呼び出すところをやったので、さっそく体型をいじってみましょう。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形① 呼び出し

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-3Dデッサン人形① 呼び出し00.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形① 呼び出し

前回、CLIP STUDIO PAINT PROに元から入っている3Dキャラの女の子を呼び出して、カメラを動かしたりポーズをとらせたりしました。

これはこれで動かしてるだけで楽しくなっちゃう機能ではありますが、自分が自分のイラストを描く上では、画風や体型が違いすぎる…といったことがでてきたりしますね。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集④ マンガパースと光源

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-3D素材の編集③03.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集④ マンガパースと光源

予め用意されている3Dキャラの編集の、多分最後の記事です。

パースをかけることにより絵は力強さがでてきます。
CLIP STUDIO PAINT PROでは3D素材にパースをつけることができます。