CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方③

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO ルビの振り方07.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方③

前回選択した文字にルビを振るところまで解説しました。
しかしこのままだと読みづらくてしかたありません。
もう少しこう何というか… 手心というか…

ということで調整していきます。
台詞の邪魔にならないように、且つ、ちゃんと読んでもらえる様に。

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方②

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO ルビの振り方03.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方②

「CLIP STUDIO PAINT PRO」のルビ(ふりがな)の振り方の続きです。

前回はルビが振れるよう環境設定をチェックすることを説明しました。

私のクリスタだとはじめから「IllustStudio・ComicStudio互換の描画を使用する」にチェックがついていたので、デフォルトですでに環境は整っているかもしれません。

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方①

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO ルビの振り方01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方①

漢字羅列技は男の子のロマン。

…ですが、とくに思いつかなかったのでとりあえず記憶にあった長い漢字に「CLIP STUDIO PAINT PRO」の機能でルビを振ってみました。

せっかく大人たちがどこかで置き忘れたあの頃の少年心を呼び覚ますべく、超長い必殺技を考えたのに誰も正式名称読めないと哀しくなる時が… あるかもしれません。

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し③ 「レベル補正」

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し③ 「レベル補正」

前回でメニューの「編集」から「輝度を透明度に変換」をクリックで簡単に主線(黒)が抜き出せるところまで説明しました。

今回はちょっとした補足になります。

たとえば前回の絵。

「輝度を透明度に変換」で抽出した線の下にレイヤーを敷いて着色をしています。髪は彩度の高いピンクで塗りましたが、実際には紫になっています。

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し② 「輝度を透明度に変換」

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し② 「輝度を透明度に変換」

背景と主線(黒のアナログ線)が一緒になってる画像データから主線だけを取り出す作業の続きです。

さっそくこのモノクロ画像黒の部分だけを抜き出していきましょう。

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し①

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し①

く、「CLIP STUDIO」触ったのがしばらくぶりだったので、3Dキャラの動かし方を忘れておりました…

こういったソフトは自転車のように毎日乗りまわして手足のように人体に馴染ませることが大事です。うんうん。

CLIP STUDIO PAINT PRO テキストツール③ 曲線フキダシ

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-テキストツール③ 曲線フキダシ01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO テキストツール③ 曲線フキダシ
ホントは小指と親指を曲げた3にしたかったんですが、この3Dキャラは親指の曲げが苦手のようでした…
ポリゴンキャラはボーン入れたり、稼動範囲設定したりと、本来間接曲げるの一苦労なんで、これだけ手軽に指が曲げられるだけでも感動ものなのですが。

CLIP STUDIO PAINT PRO テキストツール① テキスト

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-テキストツール① テキスト01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO テキストツール① テキスト

いやあ、こういう時3Dキャラは便利ですなぁ

ということで、マンガ制作支援に優れたCLIP STUDIO PAINT PROの機能「フキダシ」ですけれども、先にフキダシの中に入れる「テキスト」の方から触っていきます。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形④ 各部位の寸法を詳細調整

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-3Dデッサン人形④ 各部位の寸法を詳細調整01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形④ 各部位の寸法を詳細調整

3つ用意されている体型の調整ボタンの一番右のボタンにいってみます。
スクロールバーでお察しのとおり、かなりの部位の調整を行うことができます。