PhotoshopCC 多角形や星形を簡単に描く


PhotoshopCC 多角形や星形を簡単に描く
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く00

いつからこの機能ついたんだろ… フォトショップCS5には無かった気がしますががが

フォトショップCCには多角形や星形が簡単に描ける「多角形ツール」というのがあります。

ツールパネルの下の方にある四角いマークを、マウスの左クリックちょっと長押しで「多角形ツール」の文字が表示されるのでクリック。
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く01

カーソルをキャンバス上で左クリックすることで「多角形を制作」の設定画面が表示されます。
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く02

アップにしたとこ。
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く03

「幅」「高さ」は作る多角形の大きさが予め分かっているときに入力します。
ドラッグ&ドロップで大きさを変えられるのであまり出番は無いかも?

「角数」は文字通り角の数。5の場合は五角形が描画できるようになります。

「コーナーを滑らかに」のチェックボックスにチェックを入れると角に丸みがつきます。
したがって、「コーナーを滑らかに」にチェックを入れた状態で「角数」の数を多くしていくと、どんどん円に近い図形になります。

「星」のチェックボックスは、文字通りチェックをいれると星型になります。

「辺のくぼみ」は、「星」のチェックボックスにチェックが付いたときのみ設定が可能。
数字が小さいほど星形のへこみがなだらかになります。

「くぼみを滑らかに」は星型のくぼみに丸みがつきます。

 
「OK」を押すと自動的に「シェイプレイヤー」が作られ、「幅」「高さ」で設定した数値の多角形が描画されます。
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く04
 

・「Ctrl」+ドラッグ&ドロップで移動
・「Ctrl」+「Alt」+ドラッグ&ドロップで、描画した多角形を複製しながら移動

ができるんですが、どこ同時押ししても回転ができないんですよね…

なので、「Del」キーで一旦多角形が描画されたシェイプレイヤーを消しちゃいましょう!

「多角形を制作」で設定した値は生きているので大丈夫です。

 
一旦シェイプレイヤーを消したら、改めてキャンバス上でマウスの左ボタンを押しっぱなしにしたまま動かしてみましょう。

多角形のひな形が表れ、マウスの左ボタンを押しっぱなしにした状態なら左右で角度を決めることができます。
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く05
 
真っ直ぐな多角形を描画したい場合は「Shift」押しっぱなしにして、なるべく真上にドラッグ&ドロップ。
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く06
 
多角形ツールで描画したレイヤーは「シェイプレイヤー」なので、そのままだとブラシツールなどで上から線を引くことはできません。

ブラシツールなどで描画しようとすると下のような画面が表示されるので、シェイプレイヤーを通常レイヤーにして大丈夫なら「OK」をクリック。いわゆる「レイヤーのラスタライズ」です。
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く07
 
これでブラシツールなどで同じレイヤー上に描画できるようになりました。
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く08
 
ラスタライズは多角形描画上で右クリックでも可能です。
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く09
 
「多角形を制作」で「星」にチェック入れた状態だと下図のような感じ。
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く10
 
ためしに数字を極端にしてみましょう。
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く11
 
くぼみが少ない、52の角がついた星ができました。
Photoshop 多角形や星形を簡単に描く12
 
ハンコ的なので普段のイラスト制作だとあまり出番が無い気もしますが、シンプルなバナーとか記号の集合体のような絵とかに使える…かな?

いざ自力で描こうとすると意外と面倒だったりするので、覚えておくといずれ使う機会があるかも?です。

以上、「PhotoshopCC 多角形や星形を簡単に描く」でした。

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク