PhotoshopCC機能紹介 パスで曲線番外編 アクションでパス作業を快適に②


PhotoshopCC機能紹介 パスで曲線番外編 アクションでパス作業を快適に②

さっそくパスの一連の流れをアクション機能で録画していきます。

アクションタグの「新規アクションを作成」をクリック
PhotoshopCC機能紹介 パスで曲線番外編 アクションでパス作業を快適に②01

新規アクションの窓がでてくるので、
PhotoshopCC機能紹介 パスで曲線番外編 アクションでパス作業を快適に②02

①後でわかるようにアクション名を設定
②「ファンクションキー」で録画したアクションの再生ボタンを設定
③録画開始

下の図のように録画のボタンが赤くなったら録画がスタートしています。
今回、私はデフォルトでは使用していない「F5」に割り当てましたが、「Shift」や「Ctrl」にチェックを入れることで、「Shift」や「Ctrl」と同時押しでのみアクションを再生させることもできます。
PhotoshopCC機能紹介 パスで曲線番外編 アクションでパス作業を快適に②03

録画の名前と、割り当てられたファンクションキーが表示されているのが分かります。

アクションを記憶してもらうために、パスから塗りつぶしを行います。
PhotoshopCC機能紹介 パスで曲線番外編 アクションでパス作業を快適に②04

①パスのタグをクリック
②「パスを描画色を使って塗りつぶす」をクリック
③作業用パスを非表示

の作業を普通にこなしてアクションタグに戻ると、今までの作業が録画されています。
PhotoshopCC機能紹介 パスで曲線番外編 アクションでパス作業を快適に②05

「再生/記録中止」ボタンを押して録画を停止。
PhotoshopCC機能紹介 パスで曲線番外編 アクションでパス作業を快適に②06

さっそく「ファンクションキー」で設定した「F5」キーを押してみましょう。
PhotoshopCC機能紹介 パスで曲線番外編 アクションでパス作業を快適に②07

PhotoshopCC機能紹介 パスで曲線番外編 アクションでパス作業を快適に②08

一気に塗りつぶしを行ってくれました。

同じように

①パスの境界線作成

②パスで作成した選択範囲作成→作業用パスを非表示したあと「Del」
(パスで生成した選択範囲内の描画の削除用)

を「ファンクションキー」設定しておくと、パスでの作業がずいぶん楽になりますよ。