Photoshopで筆圧感知しなくなってた! …ので治す方法を調べた


Photoshopで筆圧感知しなくなってた! …ので治す方法を調べた

これ困っている人多いんじゃないかなぁ? と思ったんですが意外と話聞かないですよね…

いつのまにか、以前はちゃんと機能していた「Photoshop CC 2015」の筆圧感知がまるで機能しなくなりまして。

ブラシの詳細設定を行う「シェイプ」や「その他」といった項目で「コントロール」部分を「筆圧」にすると、横に「!」がついて無効扱いになっちゃってたんですよね。

 

 

 
原因は…一応、不明。

タイミング的にOSをアップデートしたあとからこの問題がでてきたんですけど、どうなんでしょうね?

ちなみに「CLIP STUDIO PAINT PRO」は特に異常はありませんでした。

 
とりあえずAdobeのサイトのヘルプに掲載されていた「Windows 8 の Photoshop CC 2014 でタブレットを使用する際の設定」を行ったら、筆圧感知が機能しない問題が解消されたのでメモメモ。

Adobeのヘルプページで「Windows 8 の Photoshop CC 2014 でタブレットを使用する際の設定」として書いてあるものを、「windows10 の Photoshop CC 2015」で行ったものなので、パソコン環境によっては上手くいかないかもしれません。くれぐれも自己責任でお試し下さい。

 

突然機能しなくなったPhotoshop CC 2015の筆圧感知を復活させる

まずwindowsにデフォルトで入っている「メモ帳」を開きます。
「.txt」で保存できるツールなら実はなんでもいいです。

 
「メモ帳」を開いたら中に


# Use WinTab
UseSystemStylus 0

と入力。

 
「PSUserConfig.txt」という名でデスクトップにでも保存しましょう。

 

ここからがやや中級。
「Photoshop」のフォルダの中に入っていきますので、慣れてない方は注意。

先ほど作った「PSUserConfig.txt」を「Adobe Photoshop CC 2015 Settings」フォルダの中に入れます。
「Adobe Photoshop CC 2015 Settings」フォルダのある場所は、私の環境だと

Cドライブ>ユーザー>ユーザー名(伏せてます)>AppData>Roaming>Adobe>Adobe Photoshop CC 2015

の中にありました。

 
「PSUserConfig.txt」を「Adobe Photoshop CC 2015 Settings」フォルダの中に入れたら作業終了です。
おそるおそる「Photoshop CC 2015」を起動させてみましょう。

 
な、治ったーッ!!

 
「!」マークもとれて、全ての筆圧感知が復活しました。

し、しかしこれはちょっと専門的な修正方法ですね… アップデートとかでもっと簡単に治らないものかなあ。

ということで「Photoshopで筆圧感知しなくなってた! …ので治す方法を調べた」でした!