Photoshop「レイヤーカンプ」と「レイヤーカンプからファイルへ書き出し」の使い方


Photoshop「レイヤーカンプ」と「レイヤーカンプからファイルへ書き出し」の使い方

今回はPhotoshopの「レイヤーカンプ」機能をご紹介ー

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、おもにキャラクターの着色の際「グループ分け」を大量に使用している人には役立つ機能かも知れません。よ?

端的にいうと「PSDファイルの表示情報を記憶しておく機能」です。

言葉だけだと愛くらい伝わりにくいので、さっそく使っていきます。

レイヤーカンプ実践

画像は「PhotoshopCC 2015」ですが、「PhotoshopCS5」でも使えた機能です。

「レイヤーカンプ」はデフォルトだと画面に表示されていないので、上部メニューの[ウィンドウ(W)]から画面に呼び出します。

「レイヤーカンプ」とは別のウィンドウも開かれますが今回は使用しないので、右上の「×」を押して別ウィンドウの方は閉じてしまいましょう。
別にあってもかまいませんが。

グループ分けしたPSDファイルを用意しました。
本当はキャラでも描けばもっと分かりやすかったかも知れませんが、なんせ自分でもびっくりするほど遅筆なもので… お許し下さい。

例として「赤」のグループのみを表示させます。

「レイヤーカンプ」ウィンドウの新規レイヤーカンプボタンをクリック。

新規レイヤーカンプのウインドウが開かれるので、今回は分かりやすく名前だけ変更して[OK]をクリックします。

すると「レイヤーカンプ」ウィンドウに、先ほど名前をつけたものが追加されます。

同じように「青」グループのみ表示させたもの、「緑」グループのみ表示させたものを追加していきます。

そして「レイヤーカンプ」ウィンドウに追加した「レイヤーカンプ」をクリックしてみるとこのとおり、記憶させてた状態の表示が行われます。

髪なら髪、肌なら肌、背景のモブだけなら背景のモブだけ表示させて作業をしたいときなどにいかがでしょ?

補足として、レイヤーカンプに記録させたあと、グループ内のレイヤーを別のグループに移動させてしまうと、レイヤーカンプで呼び出したとき移動したレイヤーは表示されなくなります。

レイヤーカンプからファイルへ書き出し

こちらはどういうものかというと、レイヤーカンプで登録したデータを別々の画像で保存するものです。まま、やっていきましょう。

先ほどの赤、青、緑と、グループごとに分けたレイヤーカンプをそれぞれ別画像にしてみます。

上部メニューの[ファイル]→[書き出し]→[レイヤーカンプからファイル~]の順にクリック。

保存先の指定や保存するファイル形式を選べます。

せっかくなんで今回はPSDとは別の形式で保存してみますよー

上の画面で[実行]を押したらこのとおり。
保存先にレイヤーカンプ別に、そして先ほど指定したPNGファイルで保存ができました。

通常の一枚絵には必要ないかも知れませんが、表情の差分や、服の変更の差分など、レイヤーで管理できるPSD形式以外で必要になったときなどに役立ちそうな機能ではないでしょうか?

以上、「Photoshop「レイヤーカンプ」と「レイヤーカンプからファイルへ書き出し」の使い方」でーした。