PhotoshopCCのよく使うショートカット 選択範囲をコピーしたレイヤー②

rp_01-300x194.jpg

PhotoshopCCのよく使うショートカット 選択範囲をコピーしたレイヤー②

「Ctrl」+「J」

のショートカットでレイヤーを複製できることは①で説明したとおりですが、このショートカットの効果は選択範囲の中だけを複製できるところにあります。

PhotoshopCCのよく使うショートカット 選択範囲をコピーしたレイヤー①

PhotoshopCCのよく使うショートカット 選択範囲をコピーしたレイヤー①

ひとつの画像データ内で同じレイヤーを複製する方法。

複製したいレイヤーを新規レイヤーアイコンにドラッグ&ドロップするのと同じ結果になります。

PhotoshopCCのよく使うショートカット コピー・ペースト③

PhotoshopCCのよく使うショートカット コピー・ペースト③

「Ctrl」+「Shift」+「V」のショートカットで、別の画像データの同じ場所にペーストできることを「PhotoshopCCのよく使うショートカット コピー・ペースト②」で紹介しました。
PhotoshopCCのよく使うショートカット コピー・ペースト③01

コピーペーストする元データのレイヤー数が少なかったらこの方法でひとつひとつ移動させてもOKですが、デジタルイラストをやっていると、レイヤー数が膨大になることが少なくなく、たくさんのレイヤーを別の画像データにコピーペーストをしたい場合はかなり手間になります。

PhotoshopCCのよく使うショートカット コピー・ペースト②

PhotoshopCCのよく使うショートカット コピー・ペースト②

「Ctrl」+「A」で選択し「Ctrl」+「C」でコピー、隣の新規レイヤーに「Ctrl」+「V」でペーストした場合、コピーしたレイヤーの画像が真ん中にペーストされてしまいました。

PhotoshopCCのよく使うショートカット コピー・ペースト①

PhotoshopCCのよく使うショートカット コピー・ペースト①

「Ctrl」+「C」 → コピー
「Ctrl」+「V」 → ペースト(貼り付け)
「Ctrl」+「A」 → 全選択

は代表的なショートカットたちですね。
Photoshopにも当然搭載しています。

今回はコピー&ペーストのネタです。まずは基本から。

PhotoshopCCの選択範囲の追加と削減②

rp_PhotoshopCCの選択範囲の追加と削減03-300x217.jpg

PhotoshopCCの選択範囲の追加と削減②

続いて、髪と肌の描画部分に選択範囲が生成されている状態で、今度は肌のレイヤーサムネイルを

「Ctrl」+「Alt」押しながらクリック。

肌レイヤーの描画の範囲が、先ほどの選択範囲から削除されました。

PhotoshopCCの選択範囲の追加と削減①

rp_PhotoshopCCの選択範囲の追加と削減01-300x217.jpg

PhotoshopCCの選択範囲の追加と削減①

「PhotoshopCCのよく使うショートカット選択範囲② レイヤー内の描画部分を選択」の記事で、

レイヤーサムネールを「Ctrl」+クリックで、そのレイヤーの描画部分を参照して選択範囲が生成される話をしました。

PhotoshopCCのよく使うショートカット選択範囲③ 選択範囲の反転

rp_PhotoshopCCのよく使うショートカット-選択範囲の全選択・反転・解除04-300x214.jpg

PhotoshopCCのよく使うショートカット選択範囲③ 選択範囲の反転
「髪」のレイヤーサムネールを「Ctrl」押したままクリックしたことで、髪の部分に選択範囲ができました。

この髪に作られた選択範囲を反転して、「髪以外の部分を選択」してみます。

PhotoshopCCのよく使うショートカット選択範囲② レイヤー内の描画部分を選択

rp_PhotoshopCCのよく使うショートカット-選択範囲の全選択・反転・解除03-300x214.jpg

PhotoshopCCのよく使うショートカット選択範囲② レイヤー内の描画部分を選択

こちらはホントによく利用します。

いま現在、レイヤーに描かれている描画部分を選択する方法。
ショートカットとは若干毛色が違う気もいたしますが、流れでご紹介。