ibisPaint 写真から線画抽出


ibisPaint 写真から線画抽出

これまでの「ibisPaint」の記事でちらちら漏れてしまってた気がしますが、「線画抽出」です。

紙に下書きを描いてそれを撮影したものを「ibisPaint」で呼び出し、紙の白の部分を透明にすることで、あたかも線画の線だけを取り出したように見える機能ですね。

線画だけのレイヤーを作っておくと着色作業を別レイヤーでできるので、着色作業や修正作業が格段に楽です。

さっそくトップ絵の写真を「ibisPaint」に呼び出して、線だけを抽出していこうと思います。

 

撮った写真を「ibisPaint」で呼び出し

「ibisPaint」を起動させて「マイギャラリー」を開きます。

 
画面上部の「+」ボタンで新規キャンバスを作成。

 
「新規キャンバス」画面が表示されますので「写真読み込み」を選択。

 
「アプリケーション選択」で「フォト」を選択します。
「ギャラリー」にも撮影した写真が入ってたりしてましたので、この辺機種によるかもしれません。

 
「フォト」を選択すると「写真を選択」画面になりますので、呼び出す写真を見つけてタップ。

 
写真をタップすると真っ先に「線画抽出」するか聞かれます。
もちろんこのまま「OK」でも線画抽出作業にいけますが、あえてここでは「キャンセル」して、途中からでも線画抽出ができるってところをお見せします。

 
「線画抽出」はキャンセルしましたが、とりあえず写真を「ibisPaint」に呼び出す事に成功しました。

 

線画を抽出するやり方色々

主線だけを表示する方法は「線画抽出」以外にもあります。

主線だけ表示された様を分かりやすくするため、赤一色に塗りつぶした下地を用意したんですけど、よく考えたら「ibisPaint」だと一番下まで透明なとき白で表示されるので、わざわざ下地作る事なかったですね…

 
気を取り直して、線画のレイヤーを選択したあとレイヤーメニューをタップし、「白を透過」を選択。

 
すると線画の黒の部分が残り、白の部分が透明になり下地の赤が見えるようになりますが、赤色が濁っているのが分かります。

 
本来の下地の色はもっと鮮やか。

 
これは調整しなかった「線画抽出」でも同じ現象になります。
どうやら「白を透過」も「線画抽出」も、レイヤー効果の「乗算」と同じのようです。

 

理屈は「CLIP STUDIO PAINT PRO」の「輝度を透明度に変換」と同じですね。
⇒参考記事:CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し② 「輝度を透明度に変換」

白に近いほど透明になる機能なので、例えば黒50%・白50%な灰色の場合、半透明な黒が残る感じです。

下地の赤が濁って見えるのは、紙の暗い部分の黒が残っているからなのですな。

 
主線以外を綺麗な透明にしたい場合、撮影時の影や汚れやらで灰色になっている部分を真っ白に近づける必要があります。

やり方は色々ありますが、「フィルターツール」→「明るさ・コンストラスト」で黒と白をくっきりさせたあと、浮かび上がった汚れの部分を白で塗りつぶしてみたりしたあと、「白を透過」なり「線画抽出」なり、レイヤー効果を「乗算」にすると、より綺麗に線だけが残る感じです。

 

「線画抽出」もここにあったりします。
 

 

 
「線画抽出」選択時でも色味を調整できるので、自分が調整しやすい方でやると良いでしょう。

 

まとめ

ということで、暗いところで撮影した線画だったり、鉛筆画のように線が薄い画像だったりすると、上手く「線画抽出」がし辛いのです。

できるだけ黒がハッキリした線画を、線が光で白飛びしないくらいの明るい場所で撮影するのポイントです。

 
以上、「ibisPaint 写真から線画抽出」でしたー

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク