ibisPaint 全体塗りつぶしと選択範囲塗りつぶしの方法


ibisPaint 全体塗りつぶしと選択範囲塗りつぶしの方法

ホントは「写真から線画抽出」を調査してたんですけど、「ibisPaint」を使っている最中、疑問にぶつかったのでコッチを先にメモメモ。

「Photoshop」や「CLIP STUDIO PAINT」だとキーボードがあるので、ショートカットをガンガン使ってイラスト制作するんですけど、それにすっかり慣れてしまってると、ショートカットがない「ibisPaint」使っていてちょくちょく「あの機能どこ!?」ってなりますなー

ということで全画面塗りつぶしと、ついでに選択範囲の塗りつぶしです。

 
パソコンのイラストツールだと、全体を描画色で塗りつぶす場合、たいがい

ショートカット「Ctrl」+「A」で全選択、
「Alt」+「Del」で描画色で塗りつぶし

をやればスグなんですけど、

「ibisPaint」だとキーボードを使用しないので、ペンキ缶のアイコン「塗りつぶしツール」を使っていきます。

全体塗りつぶし

さっそく一色で塗りつぶしていきましょう。

本来今回記事に使うつもりだった画像を使っていきます。

 
ペンキ缶のアイコン「塗りつぶしツール」をタップ。

 
次に「プロパティ」のアイコンをタップ。
全体を塗りつぶしたいので、ためしに「拡張」だけマックスにしてから画面をタップ。

 
結果はこのとーり。
字の部分が残り、他の部分も僅かに塗りきれてない感じになりました。

 

 
ですので、やりなおし。
左矢印のアイコンをタップして作業をひとつ戻し、再度「プロパティ」を開いて「線の下にもぐる」をOFF。
塗り切れてない部分がでないように「強さ」もマックスに。

 

キャンバスに戻って塗りつぶすを行うと、今度は描画色一色に塗りつぶすことに成功。

 

選択範囲の塗りつぶし

「塗りつぶしツール」のプロパティを上記のように設定したあと、「投げ縄ツール」で塗りつぶしたいところをくりっと選択。

 
「塗りつぶしツール」を再度選択して、選択範囲内をところをタップしたら、その部分のみ塗りつぶされます。

 
以上、「ibisPaint 全体塗りつぶしと選択範囲塗りつぶしの方法」でした。