ibisPaint 無料お絵かきアプリ「アイビスペイント」とは


ibisPaint 無料お絵かきアプリ「アイビスペイント」とは

メシ屋で料理が来るまでの間でも、懐から取り出したノートに何か描きながらトークしてて、「ああ、絵の上手い人は好きとか嫌いとかより先に手が動いているんだなあ」と思ったりしたものですが、ノートは持ち合わせてないけどiPhoneならいつも持ってるよ!という方に朗報です。

 

アイビスペイントとは

アイビスペイント(ibisPaint)は株式会社アイビスがリリースした、無料でCGを制作できるアプリです。

対応機種は

iPad/iPhone/iPod touch版
iOS 6.0以上のiPad、iPad mini、iPhone 3GS以降のiPhone、第4世代以降のiPod touch。

Android版
Android 4.0以上でOpenGL ES 2.0及びマルチタッチ対応の端末、作品のアップロードはAndroid 4.1以上の端末のみ。

となっています。

 

「ibisPaint」と「ibisPaint X」の違い

アイビスペイントには「ibisPaint」と「ibisPaint X」の二種類あって、無料版が欲しい場合は「ibisPaint X」を選びます。

有料版である「ibisPaint」との違いは、「ibisPaint X」には画面上部に広告が表示されることと、一部ブラシが利用できません。

ただし有料のブラシは、広告動画を視聴することで数時間利用することが出きます。

広告は上に小さいバナーがある程度(TOP絵参照)なのであまり支障がなかったりしますが、どうしても広告表示を消したい!といった場合、有料ですがあとから非表示にすることができます。

 

「ibisPaint X」をざっくり触ってみた。ざっと機能紹介。

公式の「製品案内」でその多機能っぷりはある程度把握してましたが…いやあ、やれること多いですね。

さらりと手元のiPhoneなどでCGを拵えるには十分すぎるくらいじゃないでしょうか?

短時間触っただけでいろんなことができたんですけど、ここではおもに絵を描く上であるかどうか気になるような機能を紹介します。
ここで全部機能紹介すると、またものすごい文章量になってしまうという側面があります。
やり方についてはまたの講釈。

 
レイヤー機能

あります。レイヤー機能があるってだけで、まー結構なモノができるんではないでしょうか。

 
今の携帯はフォトショップが動いていた昔のパソコンより全然性能がいいので、レイヤー機能があってもなんらおかしくはないのですが、携帯でやるものだし、もっとさらっと落書き程度のことができると思っていたのでビックリです。

作れるレイヤーの最大数は、持ってるデバイスの性能によって上下します。

レイヤーを使いすぎると処理が重たくなるのは今も変わらず。です。

 
またレイヤーの描画モードの変更も可能。

白黒絵を乗算モードで擬似的に主線にしたり、覆い焼きモードでお手軽ハイライトなんかもアイビスペイントでできます。

 
充実したブラシパレット

 
線の強弱が擬似的につけられる「Gペン」や、均一な線でポップな絵などに利用できる「ペン」だけでなく、「粒子」や「カケアミ」など、その数は多数。

「粒子」や「カケアミ」は有料版のみになりますが、前述したとおり数十秒の広告動画を視聴することで数時間利用が可能です。

またクリンアップの強い味方「手ぶれ補正」、筆圧探知っぽい線が引ける、線の始まりと終わりを細くできる「強制入り抜き」機能有り。

やろうと思えばかなり本格的なCGが描けますなあ。

 
「線画取り込み」と「線画抽出」

カメラ機能で撮影した写真をアイビスペイントに呼び出し、さらに写真の黒だけを抽出する「線画抽出」機能があります。

下絵は紙で描いてそれをカメラで写して、着色をアイビスペイントで。ということができるわけです。

 
上で用意した絵は私の絵では無く、またしても「CLIP STUDIO PAINT」の3Dキャラにお越し頂いて、ラスタライズ⇒白黒画像⇒レベル補正にしたあと、手持ちのAndroidでディスプレイを撮影してアイビスペイントに呼び込んだものです。

 
私は遅筆なんで、一からなんか描いてたら日付が変わってしまうのでお許し下さい。

また「ibisPaint」と「CLIP STUDIO PAINT PRO」は連携していて、「ibisPaint」で描いた絵の続きを「CLIP STUDIO PAINT PRO」で行うことができます。(「CLIP STUDIO」の会員登録(無料)が必要)

 
「Twitter」や「Facebook」、「youtube」にアップロード可能

 
各アカウントが必要になりますが、アイビスペイントでできたCGをアップする機能があります。

「Twitter」や「Facebook」は分かるけど「youtube」?

という人もいるかもしれません。

アイビスペイントはCG制作中の動きを録画していて、描き始めから完成までを動画再生することができる機能があるんですねー

これのおかげで私の環境ではちょっと線が遅れて描画されるのでは?と、録画機能のOFFを探したんですけど発見できず。

私の描き方は描いたり消したりの繰り返しでとても見せられたものではないので、録画機能のOFFが欲しいところですね。

 
 
このようにざっと紹介しただけでも、歩きながら手元でサラサラッと描くには十二分すぎるくらい機能が揃っているアイビスペイントです。

今やパソコンよりスマートフォンを持っている人が多いと聞きますし、CGイラストやってみたいけどパソコン持ってない!という人も、アイビスペイントXで、かなり本格的なお絵かきができるのではないでしょうか?

 
以上、無料お絵かきアプリ・アイビスペイントのざっとした紹介でした。
各機能の詳細はまた次回~