DesignDollの3Dアイテム追従設定


DesignDollの3Dアイテム追従設定
DesignDollの3Dモデル追従設定00
前回「DesignDollのポーズ、モデル共有サイトを利用してみる」で、「ドールのアトリエ」の紹介と、投稿されているポーズ・モデルの呼び出しを紹介しました。

今回は、投稿者によって設定されたアイテムの追従設定の変更です。

たとえば呼び出したモデルの右手に持ってるアイテムを、左手に持ち替えたい!といった時などに利用できます。

前回呼び出した「DA3130488」の戦士の剣は、戦士の胸の動きに追従していました。
DesignDollの3Dモデル追従設定01

手ではなく胸の動きにリンクしている大剣の図。
DesignDollの3Dモデル追従設定02

さて、アイテムの追従設定の状況は、そのモデルのタグで調べる事ができます。

「クリップ」のマークのタグをクリックすると、アイテムがどの部分に追従しているか下に表示されます。
人型シルエットの黄色くなっている部分が、アイテムが追従している部分です。
DesignDollの3Dモデル追従設定03

今回は右手にがっちり剣を握らせたいので、人型シルエットの右手部分をクリックします。
シルエットの胸の部分の黄色が消え、右手が黄色くなったら成功です。
アイテムがさっそく右手の方に飛んでいきました。
DesignDollの3Dモデル追従設定04

ここからは自分で調整の図。
DesignDollの3Dモデル追従設定05

アイテムに表示された宇宙ゴマのような座標の各部分をドラッグし、握る部分がきちんと右手にあうように調整していきます。
矢印をドラッグで各方向へアイテムの移動、円の線をドラッグしてアイテムの回転です。
DesignDollの3Dモデル追従設定06

位置合わせが上手くいったら、ついでに手の開閉も調整してみましょう!

モデルのタグの「手」のマークをクリックします。

下に表示される拳の絵の、白の○を上下させると各指を閉じたり開いたりできます。
手のひら部分の左右に動く○は、指と指の間隔の調整です。
DesignDollの3Dモデル追従設定07

ちなみに「R」「L」はご想像通り左手と右手の切り替えです。

もっと細かく指を調整したい場合は、拳の横の「歯車」のマークをクリック。
DesignDollの3Dモデル追従設定08

「歯車」のマークをクリックしたこちらの画面だと指の第一関節等、細かい角度まで設定できます。
DesignDollの3Dモデル追従設定09

これにて右手にアイテムがしっかり握られるようになりました。
そして右手を動かせばアイテムが一緒に動くようになり、違ったポーズがとれるように。
DesignDollの3Dモデル追従設定10

以上、簡単な3Dアイテム追従設定でしたー

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク