CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材のカメラ操作


CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材のカメラ操作

CLIP STUDIO PAINT PROで3Dオブジェクトを呼び出すことには成功したので、今回はいい角度いい位置にもってくるカメラワークをやってみます。

3Dの操作には、「ツールパレット」の「操作」→「オブジェクト」を使用していきます。
CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材のカメラ操作01

3Dモデリングのレイヤーを選択中に「操作」ツールを選択すると、レイヤーの左上に「移動マニピュレータ」というボタンが表示されます。

7つあるボタンのうち左から3つまでが、カメラの操作になります。
CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材のカメラ操作02

一番目はオブジェクトを捉えたままカメラを周回できます。
CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材のカメラ操作03

二番目はカメラの上下左右移動。
CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材のカメラ操作04

三番目はズームとなってます。
CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材のカメラ操作05

このカメラの操作は、カメラマンの方が被写体に対して移動しているわけですので、地面や他のキャラたちとの位置関係は変わりません
CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材のカメラ操作06

ちなみに、別オブジェクトを別のレイヤーで呼び出すと位置関係が独立してしまうので、カメラの位置は変えてもキャラどうしの距離などを変えたくないときはいっしょのレイヤーにしたほうがよさそうです。