CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集③ 簡単な指の曲げ方と輪郭の調整


CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集③ 簡単な指の曲げ方と輪郭の調整

予め用意されている3Dキャラの編集の続きです。
CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集③ 簡単な指の曲げ方と輪郭の調整01

ポーズが前回と若干違いますが気にしないで頂きたい。
というか、下の図にある「素材パレットにポーズを登録」の方で保存すると、再度呼び出したときモデルが3Dデッサン人形に変更されていたというお話でした。
CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集③ 簡単な指の曲げ方と輪郭の調整02

再度ポーズをとらせるついでに、簡単な指の曲げを設定を調べてみました。
CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集③ 簡単な指の曲げ方と輪郭の調整03

①「初期ポーズ」の横にある「+」の部分を押して画面を開きます。

②は5つのボタンになっていて、今の状態の指の角度を動かすかロックするか設定できます。
下の青い手の平の絵のとおり、一番左のボタンが親指で、次に一指し指、中指、薬指、一番右のボタンが小指に割り当てられています。

③は手の握り具合。4種類から選べます。
②でロックがかかっている指は影響を受けません。

④で握り度合いをマウスドラッグで調節できます。
下にいくほど強く握り、
左上にいくほど指が閉じた状態で握りが弱くなり、
右上にいくほどジャンケンのパーの状態になります。
これも②でロックがかかっている指は影響を受けません。

このお手軽に指のポーズを調整できる機能は、右手の左手を別々に調整することはできないようです。
ある程度カタチどったら、直接指をクリックして個別に調整するしかないようですね。

輪郭の調整は、ツールプロパティ[オブジェクト]の一番下にあります。
読んで字の如くなので、自分好みの線に調整しましょう。
下の絵は「輪郭線幅」を最大にしたときの太さです。
CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集③ 簡単な指の曲げ方と輪郭の調整04

ちなみにこの3Dキャラのまま、カメラ位置もキャラのポーズも残しておきたい場合は、普通に「ファイル」→「保存」でOKです。

最初に述べたとおり、「素材パレットにポーズを登録」だと3Dデッサン人形で保存されますので注意です。
逆にそちらの方が好都合な場合の方が多いかな?
次回に続きます。 ⇒CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集④ マンガパースと光源

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク