CLIP STUDIO PAINT PRO 下のレイヤーでクリッピングとは


CLIP STUDIO PAINT PRO 下のレイヤーでクリッピングとは
CLIP STUDIO PAINT PRO 下のレイヤーでクリッピングとは01

てっきりメモしてたと思ったんですけど、確認したら記事にしてないかったとは見抜けなんだ。

順番的にはレイヤー機能を覚えたら次に覚えておいた方がよい機能ですね。

同じようなツールでも名称が変わることがままありますが、Photoshopでいうところの「レイヤーのグループ化」ですね。

記事を書いててどこだどこだと探し回っていたのが私です。

それではメモしていきます。

通常、上にレイヤーを作って描画すれば当然下の絵に色が重なるわけですが、たとえば肌の影を塗るときなど、身体からはみ出ず影をつけたい!とか思うわけです。
しかしこのままだとどーしてもはみ出てしまう… そんな時の「クリッピング」でございます。

下地を汚さず下地の範囲内で色を乗せたいときにレイヤーと共に利用していきます。
CLIP STUDIO PAINT PRO 下のレイヤーでクリッピングとは02

下地の上のレイヤーのサムネイル部分を右クリックして
「下のレイヤーでクリッピング」を選択。

レイヤーの名前の部分を右クリックしてもクリッピング化は可能ですが、
その場合「レイヤーの設定」⇒「下のレイヤーでクリッピング」と1アクション手間です。
というより着色作業ではかなり重要な機能なのでショートカットで覚えておくと良いでしょう。

「下のレイヤーでクリッピング」のショートカットは「Ctrl」+「Alt」+「G」で御座います。

この機能は使用頻度があまりにも高いので、私は指二本で押せる「Ctrl」+「G」にショートカットを変更しています。
CLIP STUDIO PAINT PRO 下のレイヤーでクリッピングとは03

そしてこれがクリッピングした結果でございます。
クリッピングしたレイヤーは、赤の縦ラインがサムネイルの横に表示され右にちょっとズレます。
CLIP STUDIO PAINT PRO 下のレイヤーでクリッピングとは04

下地の女の子の描画範囲内に黄色のラインが収まりました。
クリッピングで見えなくなっているだけなので、クリッピングを解けばはみ出た部分も再表示されます。

クリッピングはレイヤー何個でも重ねてご利用いただけます。
ガンガン利用して細かな着色に挑戦してみてくださいー
CLIP STUDIO PAINT PRO 下のレイヤーでクリッピングとは05

以上、「下のレイヤーでクリッピング」でしたー

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク