CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方③


CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方③

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方③01

前回選択した文字にルビを振るところまで解説しました。
しかしこのままだと読みづらくてしかたありません。
もう少しこう何というか… 手心というか…

ということで調整していきます。
台詞の邪魔にならないように、且つ、ちゃんと読んでもらえる様に。

好みというか個人の判断にもなりますが、私の場合は「ルビサイズ」と「ルビ字間」を変更することでしっくりしたルビに出会いました。

「ルビフォント」によってはこの数字でも不恰好になるかもしれません。

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方③02

無事一行目にルビが振れたので二行目に入ります。
同じように文字をダブルクリックすればまるっと一行分選択してくれるので便利です。

ただし一行目でルビ設定した数値がリセットされているのが無念。

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方③03

ルビ設定を統一させたいなら、先にルビ設定した文字を再度選択すれば、設定が見れます。

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方③04

また二行目に戻って同じ数字・設定をしてあげましょう。

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方③05

これで綺麗に整った台詞になりました。

それにしてもルビというのも中々気をつかうものなのですね。
台詞の邪魔にならずに読んでもらえる。という、ルビの黄金比みたいなものがあるのでしょうか?

以上、「CLIP STUDIO PAINT PRO」でのルビの振り方でした。