CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方②


CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方②

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方②01

「CLIP STUDIO PAINT PRO」のルビ(ふりがな)の振り方の続きです。

前回はルビが振れるよう環境設定をチェックすることを説明しました。

私のクリスタだとはじめから「IllustStudio・ComicStudio互換の描画を使用する」にチェックがついていたので、デフォルトですでに環境は整っているかもしれません。

環境設定を整えたらいよいよルビを振る作業に入ります。

①ツールパレットの「テキストツール」
②サブツールが「テキスト」になってるのを確認
③ツールプロパティ[テキスト]の右下、スパナのマークをクリック
④サブツール詳細画面の「ルビ」を選択

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方②02

という流れで編集画面を表示します。

「サブツール詳細」の「ルビ」の画面まで辿り着けたら、ルビの文字を打ち込んでいきましょう。

まずはルビを振りたい文字にカーソルを合わせてダブルクリック。
まるっと一行選択してくれるのでこの場合は便利です。

その行の中の数文字だけにルビを振りたい場合はドラッグ&ドロップで文字を選択しましょう。

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方②03

すると「ルビ設定」というメニューが出現します。
ここをクリックしてルビの文字を入力していきます。

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方②04

「選択文字列」に表示されている文字の隣に、「ルビ文字列」に入力した文字がルビになります。

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方②05

ルビが振られました。
しかしこのままだとちょっと不恰好なので次回調整していきます。

注意点として、最大でも一行ずつしかルビは振れないようです。
「ルビ設定」ボタンが押せない場合は、そもそもルビを振る文字を選択していないか、もしくは二行以上選択してないか確認してみてください。

次回に続きます。 ⇒CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方③