CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーとは②


CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーとは②

さっそくベクターレイヤー上に線を一本引いてみます。
線は普通にブラシツールでひくことができます。

消しゴムツールも使うことはできますが、ラスターレイヤーに比べるとなにか違和感が…
その理由はのちほどー
CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーとは②01

先に言ってしまうと、ベクターレイヤーの強みは引いた線を大胆に修正できることにあります。
修正には名前もそのまま、「線修正ツール」を使用します。
CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーとは②02

線修正ツールにもいくつかの機能があります。
一番上の「制御点」から使ってみます。
CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーとは②03

スクリーンショットだとカーソルが写らないのが無念でありますが、「制御点」選択中にカーソルを線に重ねると、線の上に「点」と、その点と点を結ぶ「線」が表示されます。

この「点」が「制御点」、制御点同士をつなげている「線」が「中心線」と呼ばれるものです。
CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーとは②04

ためしに制御点をドラッグしてみると、ブラシツールでひいた線が針金のように容易く曲がります。
CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーとは②05

ベクターレイヤー上で引かれた線は、自動的に「制御点」と「中心線」で構成された線になるようです。
消しゴムツールを使用してラスターレイヤーと同じ感覚で線修正をしようとすると、線に違和感が発生するのはそのためです。

その代わりドットに色情報を記憶していない管理状態なので、画像の拡大縮小に強い(画質が変わらない)線が引けるという利点があります。
次回に続きます。 ⇒CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーとは③ベクター線つまみ

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク