CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーで引いた線の色の変え方


CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーで引いた線の色の変え方

そもそもベクターレイヤーとはなんぞや?という詳細については過去記事を参考してもらうと致しまして、今回はタイトルどーりベクターレイヤーで引いた線の色変更です。

簡単に説明しますと、一度引いた線を制御点を動かして縄を動かすように変更させたり、線幅を変更したり、線が交差してるところまで消去できたりできる、線引き・線修正に特化した作業ができるようになるレイヤーです。

 
通常レイヤー(クリスタだとラスターレイヤー)だと途中で色を変更するのはさほど難しくありませんが、ベクターレイヤー上で引いた線だと、途中で色変更するにはちょっとひと工夫必要だったりします。

ベクターレイヤー上だと単純な「塗りつぶし」や「透明ピクセルをロック」など、色んな機能が制限されてます。

もしこれらの機能が使えない!ってときは、レイヤー追加の際にベクターレイヤーになっている可能性がありますねー

 
ではベクターレイヤーは線引くだけの黒しか描画できないのかというとそうではなく、初めに色を選んでから線を引けば、ちゃんとその色の線が引けます。

 

ベクターレイヤーで引いた線の色変更のやり方

しかし制作途中で線の色を変更したくなることなどよくある話。だと思いたい。

ということでベクターレイヤー上で色を変更するなら、塗り変えたい描画色を指定したあと「メニューバー」の「編集」で「線の色を描画色に変更」を選択します。

 
これで選択していたベクターレイヤーの線が全部現在の描画色に変更されます。

 
一部だけ色変更したい場合は、選択範囲ツールで囲ってから「線の色を描画色に変更」を選択すればOK。

 

 
注意点として、色変更した箇所は制御点が独立します。

 
おまけとして、ベクターレイヤー上では「編集」→「色調補正」は利用できませんが、新規色調補正レイヤーなら利用可能です。

 

以上、「CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーで引いた線の色の変え方」でしたー