CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方


CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方
CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方01

マンガを描かないのに「マンガの描き方」みたいな本はいっぱい買ってたなぁとノスタルジー。

結局一度も描くこと無く思い出の宝石箱行きだったので、実際のトーンというのを一度も触ったことすらありませんが、結構高価で、原稿用紙に張っていくのも手先の器用さが必要というのはなんとなく存じております。

下手すると原稿用紙ごと切ってしまうし、細かいゴミはでるしと結構苦労されてるようでしたが、今だとどうなんでしょう?

今回はCLIP STUDIO PAINT PROを使った基本的なトーンの貼り方であります。

トーンはレイヤー機能で貼っていきます。

場所はメニューの「レイヤー」→「新規レイヤー」→「トーン」
CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方02

「簡易トーン設定」画面が表示されます。
書いてある通りの結果が表示されるので、お好みの数字を選んでいきましょう。

非アクティブ状態になっている「サイズ」と「係数」は、「種類」を「ノイズ」にしたときのみ設定可能となります。
CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方03

トーンレイヤーが追加されました。
選択範囲を設定している状態では無い場合、このように全体にトーンが貼られた状態に。

はじめから「ここだ!」とトーンを貼る場所が決まっている場合は、選択範囲を設定してから「トーン」をすればその場所のみにトーンが貼られます。
CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方04

今回はフキダシの中にトーンを貼ってみます。
ホントはキャラクターに貼ってみたかったんですが、キャラの線取りする時間が…

フキダシのレイヤーのサムネイルを、キーボードの「Ctrl」押しっぱなしでクリックすると、そのレイヤーに描画された部分が選択範囲となります。

このままトーンを消すとフキダシの中のトーンが削除されてしまうので、選択範囲を反転させます。
CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方05

選択範囲を反転させたら、トーンレイヤーのサムネイルではなく、お隣のマスクをクリックした状態で「Del」キーを押せば、綺麗にフキダシの中に貼られた状態に。
CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方06

トーンの範囲は直接トーンの絵を削るのではなくマスクで管理しているようなので、トーンレイヤーのマスクを選択した状態でブラシツールを走らせればそこにトーンが表示されます。
CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方07

ネットで公開する分にはこれで苦もなくトーンが使える…といったところですが、印刷するとなると印刷によるトーンの潰れなども考慮してなくてはなりませんですハイ。

この辺りは実際にテスト印刷を繰りかえして理想の設定値を見つけるか、印刷のプロにご教授を…
といったところで「トーンレイヤーの貼り方」でした。