CLIP STUDIO PAINT PRO グラデーションをグラデーショントーンへ


CLIP STUDIO PAINT PRO グラデーションをグラデーショントーンへ

今回はグラデーショントーンをグラデーションから作っていきますよー

グラデーションは階調のことですが、早い話段々と色が変化しているなーといったものです。

 

下準備

位置から絵を起こすのは遅筆な私には無理難題なので、今回も3Dキャラをクリンナップ。お許し下さい。

それにしてもベクターレイヤーでの線修正は、引きたい線を簡単に導き出されて便利すなぁ… 時間を忘れそう。

 
ということでベクターレイヤーを利用してクリンナップしたのがこちら。

 
今回髪の部分にグラデーショントーンを貼り付けるため、主線のレイヤーの下に新規レイヤーを作ってマスク作業ー

 
私がショートカットをいじってなければ…なんですが、キーボードの「D」で描画色と背景色を黒と白にして、グラデーションツール→「描画色から背景色」を選択。
頭の角度にあわせて黒白のグラデーションをかけます。

 

グラデーショントーンにしよう!

メニューバーの「ウィンドウ」から「レイヤープロパティ」を選択してレイヤープロパティウィンドウを表示させ、「効果」項目のいかにもトーンですよ!な絵をクリック。

 

 
白と黒のグラデーションが、段々と薄くなるトーンへと変わりました。
ちなみに「効果」の絵をもう1回クリックすればもとのグラデーションに戻ります。

 
印刷用のモノクロ絵をこしらえた事がないので、ちょいとだけレイヤープロパティの中に触れていきますと、重要なのは「トーン線数」と「角度」。らしいです。

トーンを重ねたりするときこの数字を統一しておかないと、トーンに意図しない模様が生じる「モアレ」と呼ばれるものの発生原因になるそうな。

あとモノクロ二階調の印刷用なら「表現色」を「モノクロ」にするのをお忘れなく。

 
グラデーショントーンをアップにしたところ。きっちりトーンがモノクロ二階調ですね。
これにアンチエイリアスやぼかしが入っていると、印刷ではモアレになるとかなんとか。

 
あと途中で気が付いたんですが、「レイヤープロパティ」でトーン化したレイヤーは、レイヤーの透明度を下げてもトーンが半透明になったりはせず、トーンの密度を減らして薄さを表現してくれるんですねー はえー…すごい便利…

 
以上、「CLIP STUDIO PAINT PRO グラデーションをグラデーショントーンへ」でした!

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク