CLIP STUDIO PAINT PRO キャンバスの回転のやり方


CLIP STUDIO PAINT PRO キャンバスの回転のやり方
CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-キャンバスの回転のやり方00.png

線を引く時に、得意な角度不得意な角度というのがありませんか?

右斜め線はスッと引けるけど、左斜め線はヨレヨレになってしまうということがありませんか?

ないですか、そうですか… 私はあります!

ということで、今回はキャンバスを回転させて、自分が線を引きやすい角度にするやり方というもの。
CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-キャンバスの回転のやり方01.png

キャンバスの中の絵を回転させる機能では無く、キャンバス自身を回転させる方法なので、回転させたからといって絵の内容が変形するワケではありません。

落書きしているノート中の絵が動いているのではなく、ノート自身を描きやすい位置に動かしている。といった感覚です。

やり方は簡単で、キーボードの「Shift」キーと「Space」キーを両方押した状態で左右に動かすだけです。
カーソルが弓なりの左右両矢印になるのが目印です。

元の角度に戻したいときは「Shift」キーと「Space」キーを両方押した状態でダブルクリック。

念のためにお伝えすると、キャンバスを回転させても中の3Dモデルを転倒させたりはできません。

私は右手にペン、左手はキーボードの上、といったポジションでやっているのでこの方法を利用していますが、普段キーボードのショートカットを使っていない方は、画面中央下のボタンで動揺の操作が行えます。

左の波うってるメーターを左右に動かして回転。

左回りと右回りの矢印ボタンをクリックすることで15°ずつ回転。

一番右の太陽のようなマークが、元の角度に戻すボタンとなっておりやす。

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク