CLIP STUDIO PAINT PRO アンドゥ(取り消し)の回数を増やす


CLIP STUDIO PAINT PRO アンドゥ(取り消し)の回数を増やす

最近になって気付いたんですけれども、クリスタのアンドゥ回数を増やすのをやっておりませんでした!

…最初にちゃんとやった記憶も無くもないので、どこかでうっかりクリスタを初期設定に戻してしまったのかも知れません。

 
使用ソフトによって「アンドゥ」だったり「やりなおし」だったり「1つ前に戻る」だったりと呼び名が違っていたりしますが、クリスタだと「取り消し」となってますね。

まあその名のとおり、作業中にちょいとミスッてもすぐひとつ前の状態に戻せる機能です。

ショートカットは「Ctrl」+「z」で、これはどんなソフトでもほぼ共通で「アンドゥ」が割り当てられているので、初めに覚えるショートカットとしてもおすすめです。
右利きの人はつねに左手の指を「Ctrl」と「z」の上に置いてていいくらい。

 
クリスタだと「Ctrl」を押したままの状態で「z」キーを押す度にどんどん作業がひとつずつ戻っていくのが「ヒストリー」ウィンドウで確認できます。

絵を描いていてよく失敗してしまう人は戻せる回数を予め増やしておくと、いざというときリカバーがしやすいです。

ただし、パソコンが作業具合を記憶してくれてるということですから、戻せる回数をあまりに膨大に設定しちゃうとパソコンに負荷がかかり段々処理が重くなる可能性がありますので注意。

あと一旦データを閉じるとアンドゥの記録は消去されるので、失敗はデータを閉じる前になんとか気が付きましょうー

 

「取り消し」回数を増やしてみた

メニューバーの「ファイル」から「環境設定」を選択。

 
環境設定画面の左にある「パフォーマンス」項目の中の「取り消し」にある「取り消し回数」で、アンドゥの回数を設定する事ができます。

 
デフォルトで20…だった気がします。私はビビリなので100回にました。
よほど印刷向けの大きなデータを取り扱わないかぎりこれくらいの数値は大丈夫だったりします。パソコンの性能にも寄りますが。

 
ついでに上にある「アプリケーションへの割り当て」も変更。
ようはクリスタにつかうパソコンのメモリパワー配分です。とうぜん%の数字が大きいほどクリスタは快適になります。

画像を取り扱うソフトはメモリが重要なので私は昔からここを多めにとりますが、今のパソコンはメモリも大きくなりましたので弄らなくてもよいかもです。

 
 
「取り消し回数」の設定はけっこう重要なところなので、クリスタはじめる最初の段階では弄っておくことをおすすめします。

以上、「CLIP STUDIO PAINT PRO アンドゥ(取り消し)の回数を増やす」でしたー

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク