CLIP STUDIO PAINT PRO すでに引いた線のブラシ種を変更する


CLIP STUDIO PAINT PRO すでに引いた線のブラシ種を変更する

たびたびメモしてきましたが、「ベクターレイヤー」のお話です。

 
「CLIP STUDIO PAINT」にはあとから線修正がしやすい機能として「ベクターレイヤー」があります。

今回はそのベクターレイヤー上で引いた線を別のブラシの線にしていきます。

 

ベクターレイヤーを用意

さっそくベクターレイヤーに線を描きましょう。

ベクターレイヤーの呼び出しは以前書いたこともありますが、レイヤーウィンドウから呼びだした方が早いですハイ。

 
これに限らず、なるべく上部のメニューバーから呼び出さずに、ショートカット等を駆使して余計なクリック数を減らすことが制作スピードアップの一歩となる…と思いますが、私はいまでも遅筆です!

 
ベクターレイヤーを作ったらそこに線を引いていきます。

ただの適当な線も味気が無いので、おなじみの3Dキャラを半透明にしてクリンナップ。
線のハミだしが多くてクリンナップになっていませんが、急ぎこしらえたものなのでご容赦。

 
なるだけ変化が伝わりやすいように、髪の線と他の線を別のベクターレイヤーにしてまーす。

 
線を引いたらツールバーから「操作」ツールを選択して「操作」→「オブジェクト」と進んで、「ツールプロパティ」を覗いていきます。

さらに解りやすく「ツールプロパティ」の「メインカラー」を弄って色を変更してみましょか。

 
「メインカラー」の下にある「ブラシ形状」の「▼」をクリックしてブラシメニューを表示させます。

 
ブラシの形状を「スプレー」に変更して下のとおり。

 
ちなみに「操作」→「オブジェクト」の状態で、線の上で「Ctrl」+左クリックで線を指定した後「メインカラー」や「ブラシ形状」を弄る事で、その線だけを個別に変更することができます。

 

 
以上、「CLIP STUDIO PAINT PRO すでに引いた線のブラシ種を変更する」でした~

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク