CLIP STUDIO PAINT 3Dファイルを読み込んでみた


CLIP STUDIO PAINT 3Dファイルを読み込んでみた

以前に3Dデッサン人形ツール「DesignDoll」に、OBJ形式で保存した3Dモデルを呼び出す事をやりました。
⇒参照:LightWaveで作ったモデルをDesignDollに呼び込ませた

今回、「CLIP STUDIO PAINT」でも3Dモデルを呼び出せるみたいなんで、早速チャレンジしてみました!

 

いろんなツールからモデルを用意する

「LightWave」でちゃっちゃとモデル作成していきますー

武器作りーの

 
伊達や酔狂じゃない頭部アイテム作りーの

 
このままOBJ形式で保存して「CLIP STUDIO PAINT」に持って行くのも良いですが、せっかくなんで「DesignDoll」からもモデルを引っ張っていきたう御座います。

 

「DesignDoll」でOBJ形式で保存

まずは前に体型を弄ったマッチョを呼び出します。

 
さっき「LightWave」で作ったモデルを呼び出して装備させます。指先1つでDownしそう。

 
外部から3Dモデル呼び出し方法は先ほども貼ったリンクを参考にどうぞー
⇒参照:LightWaveで作ったモデルをDesignDollに呼び込ませた

 
さすがに外部から呼び出した3Dモデルのポーズ変更はいくら「CLIP STUDIO PAINT」でもできなかったんで、「DesignDoll」上であらかじめポーズを取らせます。

 
ポーズができたらOBJ形式で保存します。
「DesignDoll」でのOBJ形式の保存は、メニューバーの「ファイル」から「3Dモデルデータを書き出す」を選択でOK。

 

「CLIP STUDIO PAINT PRO」でOBJ呼び出し!

これであとは「CLIP STUDIO PAINT」を開き、メニューバーの「ファイル」→「読み込み」→「3Dデータ」でロードすれば…と思ってたんですけど、「3Dデータ」が見当たらず。WHY?

 
とりあえず私の「CLIP STUDIO PAINT」は「PRO」で、つい最近バージョンも更新したハズなんですがどこ探しても「3Dデータ」が無かったので、ダメ元でファイルを直接ドラッグ&ドロップしたらいけました。

ポーズの変更はできませんが、モデルやカメラの移動・回転は可能です。

 
あとは好きなように動かしたり、「CLIP STUDIO PAINT」の機能を存分に利用して楽しみましょう。

 
以上、「CLIP STUDIO PAINT 3Dファイルを読み込んでみた」でした~

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク