PhotoshopCCレイヤーで「~のコピー」をつけない方法

PhotoshopCCレイヤーで「~のコピー」をつけない方法

レイヤーやグループフォルダを複製すると、名前の語尾に「のコピー」と自動的にくっついてきます。

ひと目で複製したものと分かるのはいいのですが、逆にいらない場合もあります。

この「のコピー」を、複製した場合にくっつけない設定です。

PhotoshopCCレイヤーのロック④ すべてをロック

PhotoshopCCレイヤーのロック④ すべてをロック

「すべてをロック」は、「透明ピクセルをロック」「位置をロック」「画像ピクセルをロック」すべての制限機能を備えたロックです。

もうそのレイヤーに描画しているものに関しては何も手をつけない!という気合のロック機能ですね。
グループ化の親レイヤーにかけておくと安心かもしれません。

PhotoshopCCレイヤーのロック③ 位置をロック

PhotoshopCCレイヤーのロック③ 位置をロック

「位置をロック」は「画像ピクセルをロック」の逆で、レイヤーに描画はできるけど移動を出来なくするといったロック機能です。

移動ツールを使用しようとすると図のような画面が表示されます。

PhotoshopCCレイヤーのロック② 画像ピクセルをロック

PhotoshopCCレイヤーのロック② 画像ピクセルをロック

「画像ピクセルをロック」はそのレイヤー内の絵を「移動ツール」で動かす事はできますが、描画をできなくするという機能です。

ブラシツールで描画しようとすると以下のようなウィンドウがでてきました。

そのレイヤーの描画されている部分だけ塗る事ができ、透明部分にはみでるのを防ぎます。

PhotoshopCCレイヤーのロック① 透明ピクセルをロック

PhotoshopCCレイヤーのロック① 透明ピクセルをロック

レイヤーにはロック機能が付いてまして。

その名のとおり、そのレイヤーに鍵をかけて機能を意図的に制限するというもの。

おもにうっかりミスを防ぐための予防のような効果があります。

PhotoshopCC保存形式 psdとpsb

PhotoshopCC保存形式 psdとpsb

私は「Photoshop」と「CLIP STUDIO PAINT」を用途によって交互に使用してますが、「CLIP STUDIO PAINT」で描いたものを、Photoshopの保存形式「.psd」で保存しようとした際、気になったものがあったのでメモメモ。

保存形式を選ぶ際「Photoshopドキュメント(psd形式)」の上に、「Photoshopビックドキュメント」というものがあります。

PhotoshopCC機能紹介 「ブラシを定義」して星空を作る⑤

PhotoshopCC機能紹介 「ブラシを定義」して星空を作る⑤

作った星のマークを「ブラシを定義」して使用してみたら、このようになってしまいました。

これでは星空を描きにくすぎるので、設定を変更していきます。

PhotoshopCC機能紹介 「ブラシを定義」して星空を作る③

PhotoshopCC機能紹介 「ブラシを定義」して星空を作る③

「ブラシを定義」に使用する星ブラシ作りの続き③です。

「ぼかし(放射状)」をかけた十字を複製したら、複製したレイヤーの角度を変更していきます。