CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーで引いた線の色の変え方

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-ベクターレイヤーで引いた線の色の変え方00.png

CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーで引いた線の色の変え方

そもそもベクターレイヤーとはなんぞや?という詳細については過去記事を参考してもらうと致しまして、今回はタイトルどーりベクターレイヤーで引いた線の色変更です。

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのサムネイルのサイズを変更する

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO レイヤーのサムネイルのサイズを変更する00.png

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのサムネイルのサイズを変更する

レイヤーのサムネイルは、どのレイヤーに何を描いていたか分かるよう表示されている小窓みたいなものです。

傑作作品をこしらえているとレイヤーが大量になりがちなので、こういった機能はありがたいところです。

Photoshop レイヤー効果を素早くコピー・移動する方法

Photoshop レイヤー効果を素早くコピー・移動する方法00

Photoshop レイヤー効果を素早くコピー・移動する方法 これ、「レイヤー効果」が何たるかの説明が先だったのでは… と、とにかく「レイヤー効果」を簡単に移動、またはコピーする方法です。   ざっと「レイヤー効果」についてお話ししますと、そのレイヤーに描画されたものに対して、自 ‥‥

CLIP STUDIO PAINT PRO 写真をマンガの背景に(仮)

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO 写真をマンガの背景に(仮)00.png

CLIP STUDIO PAINT PRO 写真をマンガの背景に(仮)

カッコカリなのは、そのぉ、思ったほど上手にできなかったんですよねぇ…

あとホントは選択範囲「だけ」をドラッグ&ドロップする方法みたいな調査やっていたんですけど、いつの間にか普通にドラッグ&ドロップで移動できるようになっていました。ぐぬぬ

レイヤーカンプ/レイヤーをファイルへ書き出し時にファイル名とレイヤー名の間に入る連番数字を消す方法

レイヤーカンプ/レイヤーをファイルへ書き出し時にファイル名とレイヤー名の間に入る連番数字を消す方法

レイヤーカンプ/レイヤーをファイルへ書き出し時にファイル名とレイヤー名の間に入る連番数字を消す方法 まずは前の記事「Photoshop「レイヤーカンプ」と「レイヤーカンプからファイルへ書き出し」から読まれることをオススメします。 それでもなんのこっちゃ?という方が大半だと思います ‥‥

Photoshop「レイヤーカンプ」と「レイヤーカンプからファイルへ書き出し」の使い方

Photoshop「レイヤーカンプ」と「レイヤーカンプからファイルへ書き出し」の使い方00.png

Photoshop「レイヤーカンプ」と「レイヤーカンプからファイルへ書き出し」の使い方

今回はPhotoshopの「レイヤーカンプ」機能をご紹介ー

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、おもにキャラクターの着色の際「グループ分け」を大量に使用している人には役立つ機能かも知れません。よ?

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の修正に「ベクター消去」

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-ベクター消去01.png

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の修正に「ベクター消去」

以前にベクターレイヤーのメモをしていましたが、便利な機能の説明が抜け落ちてました。無念。

「ベクター消去」は髪など、線が重なりまくる複雑な部分の修正に便利そうな機能です。
ラスターレイヤー上でひいた線にはこの方法は使えないのでご注意下さい。

さっそく下ごしらえとして、ベクターレイヤーで主線を描いて見ます。
ベクターレイヤーはレイヤーウィンドウから呼び出すのがてっとり早いです。

CLIP STUDIO PAINT PRO 新規色調補正レイヤーとは

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-新規色調補正レイヤーとは01.png

CLIP STUDIO PAINT PRO 新規色調補正レイヤーとは

あの日どこかに置き忘れた少年心がベランダから乱入して朝起こしに来るような複雑なポーズをつけようとして即挫折しました。

髪の長い子は2Dも3Dも手間かかりますなあ

今回は「新規色調補正レイヤー」のメモでございます。

CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-トーンレイヤーの貼り方01.png

CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方

マンガを描かないのに「マンガの描き方」みたいな本はいっぱい買ってたなぁとノスタルジー。

結局一度も描くこと無く思い出の宝石箱行きだったので、実際のトーンというのを一度も触ったことすらありませんが、結構高価で、原稿用紙に張っていくのも手先の器用さが必要というのはなんとなく存じております。

下手すると原稿用紙ごと切ってしまうし、細かいゴミはでるしと結構苦労されてるようでしたが、今だとどうなんでしょう?