CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dオブジェクトの複数選択

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO 3Dオブジェクトの複数選択00.png

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dオブジェクトの複数選択

3Dの「小物」から自転車を持ってきたんですけど、けっこう細かく作り込まれてますね!

自転車って身近にあるものですけど、いざパースも気にしながら描くとなるとものすごい労力なんでこりゃあいいなぁ。

CLIP STUDIO PAINT PRO ツールプロパティのメーター表示を変更「スライダー」「インジケーター」

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO ツールプロパティのメーター表示を変更「スライダー」「インジケータ」00.png

CLIP STUDIO PAINT PRO ツールプロパティのメーター表示を変更「スライダー」「インジケーター」

クリスタのブラシなどのツールプロパティには複数のメーターがあります。

そのなかで、左右に動かして任意に調整できる「スライダー」と、5段階から選べる「インジケーター」を変更しよう!というお話です。

PhotoshopCC 別ファイルの同じ位置にペーストする方法

PhotoshopCC 別ファイルの同じ位置にペーストする方法00.png

PhotoshopCC 別ファイルの同じ位置にペーストする方法

初めにお伝えしておくと、ペースト先が同じカンバスサイズでないと成立しません!

なんのこっちゃ? と思われるかもしれませんが、CG制作していると、二つの画像データを開いて片方の画像にレイヤーを重ねるといった作業が…ある事も無くもなかったんですハイ。

Photoshop 複数の画像をそれぞれレイヤーにしてひとつのPSDファイルで呼び出しするやり方

Photoshop-複数の画像をそれぞれレイヤーにしてひとつのPSDファイルで呼び出しするやり方00.png

Photoshop 複数の画像をそれぞれレイヤーにしてひとつのPSDファイルで呼び出しするやり方

拡張子PSDは、レイヤー情報を保持したまま保存できるファイル形式ですが、複数の画像データをひとつのPSDファイルにまとめてPhotoshop上に出力するやり方です。

Photoshopで筆圧感知しなくなってた! …ので治す方法を調べた

Photoshopで筆圧感知しなくなってた! …ので治す方法を調べた00.png

Photoshopで筆圧感知しなくなってた! …ので治す方法を調べた

これ困っている人多いんじゃないかなぁ? と思ったんですが意外と話聞かないですよね…

いつのまにか、以前はちゃんと機能していた「Photoshop CC 2015」の筆圧感知がまるで機能しなくなりまして。

ブラシの詳細設定を行う「シェイプ」や「その他」といった項目で「コントロール」部分を「筆圧」にすると、横に「!」がついて無効扱いになっちゃってたんですよね。

CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーで引いた線の色の変え方

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-ベクターレイヤーで引いた線の色の変え方00.png

CLIP STUDIO PAINT PRO ベクターレイヤーで引いた線の色の変え方

そもそもベクターレイヤーとはなんぞや?という詳細については過去記事を参考してもらうと致しまして、今回はタイトルどーりベクターレイヤーで引いた線の色変更です。

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのサムネイルのサイズを変更する

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO レイヤーのサムネイルのサイズを変更する00.png

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのサムネイルのサイズを変更する

レイヤーのサムネイルは、どのレイヤーに何を描いていたか分かるよう表示されている小窓みたいなものです。

傑作作品をこしらえているとレイヤーが大量になりがちなので、こういった機能はありがたいところです。

PhotoshopCC 多角形や星形を簡単に描く

Photoshop 多角形や星形を簡単に描く00

PhotoshopCC 多角形や星形を簡単に描く いつからこの機能ついたんだろ… フォトショップCS5には無かった気がしますががが フォトショップCCには多角形や星形が簡単に描ける「多角形ツール」というのがあります。 ツールパネルの下の方にある四角いマークを、マウスの左クリックち ‥‥

Photoshop 写真をイラスト風に加工

Photoshop 写真をイラスト風に加工して背景をプロっぽく!00

Photoshop 写真をイラスト風に加工 今回は画像が大きくないと変化が分かりにくかったので、画像をクリックしたら大きいのが見れるようにしてます。   キャライラストに写真の背景をそのまま利用すると、背景との情報量の密度の違いでキャラクターが浮いちゃう…とか、違和感バリバリなも ‥‥