CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し③ 「レベル補正」

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し③ 「レベル補正」

前回でメニューの「編集」から「輝度を透明度に変換」をクリックで簡単に主線(黒)が抜き出せるところまで説明しました。

今回はちょっとした補足になります。

たとえば前回の絵。

「輝度を透明度に変換」で抽出した線の下にレイヤーを敷いて着色をしています。髪は彩度の高いピンクで塗りましたが、実際には紫になっています。

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し② 「輝度を透明度に変換」

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し② 「輝度を透明度に変換」

背景と主線(黒のアナログ線)が一緒になってる画像データから主線だけを取り出す作業の続きです。

さっそくこのモノクロ画像黒の部分だけを抜き出していきましょう。

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し①

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し①

く、「CLIP STUDIO」触ったのがしばらくぶりだったので、3Dキャラの動かし方を忘れておりました…

こういったソフトは自転車のように毎日乗りまわして手足のように人体に馴染ませることが大事です。うんうん。

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのパレットカラーを変更

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-レイヤーのパレットカラーを変更01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのパレットカラーを変更

こ、この表情は使いどころに困りますなあ…

前回の「レイヤーを2ペインで表示」に続き、大量のレイヤーを管理する時に便利な、いわゆるレイヤーの色分け方法です。

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのラスタライズとは

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-レイヤーのラスタライズとは01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのラスタライズとは

前回までで、3Dデータを呼び出したり、フキダシ・テキストツールで文字を打ち込んだりしました。

このレイヤーたちは、あとでポーズを変えたり、文章を書き変えたりできますが、その代わりペンツールなどで直接描くことができなくなってます。

CLIP STUDIO PAINT PRO テキストツール③ 曲線フキダシ

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-テキストツール③ 曲線フキダシ01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO テキストツール③ 曲線フキダシ
ホントは小指と親指を曲げた3にしたかったんですが、この3Dキャラは親指の曲げが苦手のようでした…
ポリゴンキャラはボーン入れたり、稼動範囲設定したりと、本来間接曲げるの一苦労なんで、これだけ手軽に指が曲げられるだけでも感動ものなのですが。

PhotoshopCC機能紹介 レイヤーの色分け

PhotoshopCC レイヤーの色分け01.jpg

PhotoshopCC機能紹介 レイヤーの色分け

CGイラスト作成していると、どうしてもかさばるレイヤーの数。
グループ分けなどでレイヤーが階段状に表示され、多少は区分が分かりますが、もうちょっと視覚的に分かりやすくするため色をつけていこうと思います。