CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の修正に「ベクター消去」

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-ベクター消去01.png

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の修正に「ベクター消去」

以前にベクターレイヤーのメモをしていましたが、便利な機能の説明が抜け落ちてました。無念。

「ベクター消去」は髪など、線が重なりまくる複雑な部分の修正に便利そうな機能です。
ラスターレイヤー上でひいた線にはこの方法は使えないのでご注意下さい。

さっそく下ごしらえとして、ベクターレイヤーで主線を描いて見ます。
ベクターレイヤーはレイヤーウィンドウから呼び出すのがてっとり早いです。

CLIP STUDIO PAINT PRO 新規色調補正レイヤーとは

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-新規色調補正レイヤーとは01.png

CLIP STUDIO PAINT PRO 新規色調補正レイヤーとは

あの日どこかに置き忘れた少年心がベランダから乱入して朝起こしに来るような複雑なポーズをつけようとして即挫折しました。

髪の長い子は2Dも3Dも手間かかりますなあ

今回は「新規色調補正レイヤー」のメモでございます。

CLIP STUDIO PAINT PRO 下のレイヤーでクリッピングとは

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-下のレイヤーでクリッピングとは01.png

CLIP STUDIO PAINT PRO 下のレイヤーでクリッピングとは

てっきりメモしてたと思ったんですけど、確認したら記事にしてないかったとは見抜けなんだ。

順番的にはレイヤー機能を覚えたら次に覚えておいた方がよい機能ですね。

同じようなツールでも名称が変わることがままありますが、Photoshopでいうところの「レイヤーのグループ化」ですね。

CLIP STUDIO PAINT PRO 選択範囲からラインを描画

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-選択範囲からライン作成01.png

CLIP STUDIO PAINT PRO 選択範囲からラインを描画

最近アップデートがあったクリスタの記事いってみます。

そういえば今回のアップデートでマンガの縦書きがより美しく表現できるようになったそうで。

とりあえず最新バージョンのテキストに置き換えたらアナウンスどおり行間や文字間の値が変更され、ぎうぎうになってしまいました。
この思い出はスクリーンショットで撮っとけばよかった…

CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-トーンレイヤーの貼り方01.png

CLIP STUDIO PAINT PRO トーンレイヤーの貼り方

マンガを描かないのに「マンガの描き方」みたいな本はいっぱい買ってたなぁとノスタルジー。

結局一度も描くこと無く思い出の宝石箱行きだったので、実際のトーンというのを一度も触ったことすらありませんが、結構高価で、原稿用紙に張っていくのも手先の器用さが必要というのはなんとなく存じております。

下手すると原稿用紙ごと切ってしまうし、細かいゴミはでるしと結構苦労されてるようでしたが、今だとどうなんでしょう?

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方③

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO ルビの振り方07.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方③

前回選択した文字にルビを振るところまで解説しました。
しかしこのままだと読みづらくてしかたありません。
もう少しこう何というか… 手心というか…

ということで調整していきます。
台詞の邪魔にならないように、且つ、ちゃんと読んでもらえる様に。

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方②

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO ルビの振り方03.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方②

「CLIP STUDIO PAINT PRO」のルビ(ふりがな)の振り方の続きです。

前回はルビが振れるよう環境設定をチェックすることを説明しました。

私のクリスタだとはじめから「IllustStudio・ComicStudio互換の描画を使用する」にチェックがついていたので、デフォルトですでに環境は整っているかもしれません。

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方①

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO ルビの振り方01.jpg

CLIP STUDIO PAINT PRO ルビ(ふりがな)の振り方①

漢字羅列技は男の子のロマン。

…ですが、とくに思いつかなかったのでとりあえず記憶にあった長い漢字に「CLIP STUDIO PAINT PRO」の機能でルビを振ってみました。

せっかく大人たちがどこかで置き忘れたあの頃の少年心を呼び覚ますべく、超長い必殺技を考えたのに誰も正式名称読めないと哀しくなる時が… あるかもしれません。

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し③ 「レベル補正」

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し③ 「レベル補正」

前回でメニューの「編集」から「輝度を透明度に変換」をクリックで簡単に主線(黒)が抜き出せるところまで説明しました。

今回はちょっとした補足になります。

たとえば前回の絵。

「輝度を透明度に変換」で抽出した線の下にレイヤーを敷いて着色をしています。髪は彩度の高いピンクで塗りましたが、実際には紫になっています。

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し② 「輝度を透明度に変換」

CLIP STUDIO PAINT PRO 主線の抜き出し② 「輝度を透明度に変換」

背景と主線(黒のアナログ線)が一緒になってる画像データから主線だけを取り出す作業の続きです。

さっそくこのモノクロ画像黒の部分だけを抜き出していきましょう。