Photoshop「レイヤーカンプ」と「レイヤーカンプからファイルへ書き出し」の使い方

Photoshop「レイヤーカンプ」と「レイヤーカンプからファイルへ書き出し」の使い方00.png

Photoshop「レイヤーカンプ」と「レイヤーカンプからファイルへ書き出し」の使い方

今回はPhotoshopの「レイヤーカンプ」機能をご紹介ー

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、おもにキャラクターの着色の際「グループ分け」を大量に使用している人には役立つ機能かも知れません。よ?

CLIP STUDIO PAINT PRO 定規を使わない直線の引き方

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-定規を使わない直線の引き方00.png

CLIP STUDIO PAINT PRO 定規を使わない直線の引き方

真っ直ぐな線を引きたいとき、つい癖で「Shift」キーを押しっぱなしにしてカーソルを動かしてしまう私です。

「CLIP STUDIO PAINT PRO」では同様の操作を行っても直線は引けないようです。

CLIP STUDIO PAINT PRO ブラシサイズを記憶させるorさせない方法

CLIP STUDIO PAINT PRO ブラシサイズを記憶させるorさせない方法00

CLIP STUDIO PAINT PRO ブラシサイズを記憶させるorさせない方法

解像度やコマの大きさによっても変わりますが、人によって主力にしているブラシサイズがあると思います。

ブラシサイズをその主力のサイズにしたのに、「消しゴム」等の別のツールを使用した後「ペン」ツールに戻るとブラシサイズが変わっていて戸惑いを隠せなかったことはありませんかはい私です。 はい、私です!

CLIP STUDIO PAINT PRO 右クリックのスポイト機能を変更

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-右クリックのスポイト機能を変更00.png

CLIP STUDIO PAINT PRO 右クリックのスポイト機能を変更

「CLIP STUDIO PAINT PRO」では、デフォルトだと右クリックがスポイト機能になっています。

「CLIP STUDIO PAINT PRO」一本でCGを拵えている人だと、このままでOKかもしれませんが、他のソフトと併用しているとこの右クリックの機能の違いによく躓いたりするかもしれません。はい、私です。

CLIP STUDIO PAINT PRO オートアクションを使ってみた

CLIP STUDIO PAINT PRO オートアクションを使ってみた

自動的に超必殺的な何かを使ってくれる機能ではなく、たとえば前回記事にした「モザイクの四角が極力削れないモザイクのかけ方」などの作業を記録させておき、次回から再生ボタンを一発クリックで瞬時に同じ作業をやってくれる機能ですね。

ちょいと難しい部分があって説明し辛いんですが、そういう機能もあるんだーとためしにしっちゃかめっちゃかになっていい絵を使って色々試してみて掴んでくださると幸いです。

CLIP STUDIO PAINT PRO モザイクの四角が極力削れないモザイクのかけ方

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-モザイクの四角が極力削れないモザイクのかけ方00.png

CLIP STUDIO PAINT PRO モザイクの四角が極力削れないモザイクのかけ方

タイトルがタイトルだけに用意する絵にちょっと悩みましたが、ちょうど「薔薇の花束の簡単な描き方」の記事作ろうとして、思ったより簡単じゃなかったのでお蔵入りしたCGが残ってたので使いまわしです。お許し下さい。

さて、今回はモザイクのかけ方です。

それ以上いけない。ような部分を隠す時などに利用されるフィルタであるモザイクですが、CLIP STUDIO PAINT PROにもデフォルトでモザイク効果機能が備わっています。

CLIP STUDIO PAINT PRO 特殊定規「放射曲線」

CLIP STUDIO PAINT PRO 特殊定規「放射曲線」01

CLIP STUDIO PAINT PRO 特殊定規「放射曲線」
こんな限定的な使い方じゃないと思いますけど、「デコレーション」⇒「自然風景」⇒「炎」ブラシがそんなに使いたかったんだーくらいに思っていただければ。肝心の放射曲線が目立ってないし。しかもこの場面なら「放射線」でよかったような気もするし。

今回は「放射曲線」です。
これまでの特殊定規の説明でなんとなく想像つくかと思われますがいってみましょー

CLIP STUDIO PAINT PRO 特殊定規「放射線」

CLIP-STUDIO-PAINT-PRO-特殊定規 放射線01.png

CLIP STUDIO PAINT PRO 特殊定規「放射線」

こんな限定的な使い方じゃないと思いますけど、こういうこともできるんだーくらいに思っていただければ。
明日の空はBLUEとは限りませんし。

本来だと順番的に「多重曲線」が先なんですけれども…