CLIP STUDIO PAINT PRO 「うごくイラストを作る」で他から画像をペースト

CLIP STUDIO PAINT PRO 「うごくイラストを作る」で他から画像をペースト

以前に「うごくイラスト」で簡単なGIFアニメを作ってみました。
以前の記事│「CLIP STUDIO PAINT PRO 簡単なアニメーションGIFを作ってみた」
その時は「うごくイラスト」ですでに用意されているレイヤーに描き込む。ということをやりましたが、別の画像データからコピー&ペーストできるかな?と調査したものです。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dオブジェクトの複数選択

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dオブジェクトの複数選択

3Dの「小物」から自転車を持ってきたんですけど、けっこう細かく作り込まれてますね!

自転車って身近にあるものですけど、いざパースも気にしながら描くとなるとものすごい労力なんでこりゃあいいなぁ。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材(ライセンス素材)のダウンロードから呼び出しまで

CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材(ライセンス素材)のダウンロードから呼び出しまで

前回はブラシ素材をダウンロードして使ってみましたが、今回は3D素材(ライセンス素材)をダウンロードして「CLIP STUDIO PAINT PRO」に呼び出してみますよ!

今回の3D素材をダウンロードするのに際し、私いままで古いバージョンの「CLIP STUDIO PAINT PRO」を使っていたことが判明致しましたー…

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのラスタライズとは

CLIP STUDIO PAINT PRO レイヤーのラスタライズとは

前回までで、3Dデータを呼び出したり、フキダシ・テキストツールで文字を打ち込んだりしました。

このレイヤーたちは、あとでポーズを変えたり、文章を書き変えたりできますが、その代わりペンツールなどで直接描くことができなくなってます。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形④ 各部位の寸法を詳細調整

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形④ 各部位の寸法を詳細調整

3つ用意されている体型の調整ボタンの一番右のボタンにいってみます。
スクロールバーでお察しのとおり、かなりの部位の調整を行うことができます。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形③ 体型を詳細調整

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形③ 体型を詳細調整

3つ用意されている体型の調整ボタンの真ん中のボタンにいってみます。

真ん中のボタンは「詳細調整」となっていて、前回の左のボタンが感覚的に調整できる「簡易調整」に対し、こちらは数字で見ることができます。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形② 体型と寸法を簡易調整

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形② 体型と寸法を簡易調整

3Dデッサン人形だと、3Dキャラではできなかった体型も調整できます。

前回、3Dデッサン人形を呼び出すところをやったので、さっそく体型をいじってみましょう。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形① 呼び出し

CLIP STUDIO PAINT PRO 3Dデッサン人形① 呼び出し

前回、CLIP STUDIO PAINT PROに元から入っている3Dキャラの女の子を呼び出して、カメラを動かしたりポーズをとらせたりしました。

これはこれで動かしてるだけで楽しくなっちゃう機能ではありますが、自分が自分のイラストを描く上では、画風や体型が違いすぎる…といったことがでてきたりしますね。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集④ マンガパースと光源

CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集④ マンガパースと光源

予め用意されている3Dキャラの編集の、多分最後の記事です。

パースをかけることにより絵は力強さがでてきます。
CLIP STUDIO PAINT PROでは3D素材にパースをつけることができます。

CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集③ 簡単な指の曲げ方と輪郭の調整

CLIP STUDIO PAINT PRO 3D素材の編集③ 簡単な指の曲げ方と輪郭の調整

予め用意されている3Dキャラの編集の続きです。
ポーズが前回と若干違いますが気にしないで頂きたい。

といのも下の図にある「素材パレットにポーズを登録」の方で保存すると、再度呼び出したとき3Dデッサン人形になってたのです。ご注意ください。