LightWaveで作ったモデルをDesignDollに呼び込ませた

LightWaveで作ったモデルをDesignDollに呼び込ませた00.png

LightWaveで作ったモデルをDesignDollに呼び込ませた

どうやら「ドールのアトリエ」を介さなくても、直接ポリゴンツールで作ったモデルをデザインドールに持って行けるらしいので試してみました!

 
さっそくLightWaveでカッコいい槍を作ってみましたので、こいつをデザインドールに入れていきたいと思います。

DesignDoll 追加モデルのポーズのコピーと擬似的な中割り

DesignDoll-追加モデルのポーズのコピーと擬似的な中割りTOP.png

DesignDoll 追加モデルのポーズのコピーと擬似的な中割り

前回の「DesignDoll ポーズのコピーと擬似的な鏡面コピー」の続きのようなお話です。

なもんで、前の記事から読んでいただけると私が幸せになります。

DesignDoll 画像ファイルとして保存する方法

DesignDoll-画像ファイルとして保存する方法TOP.png

DesignDoll 画像ファイルとして保存する方法

「DesignDoll」で付けたポーズは画像ファイルで保存する事ができます。

無料版でもできる機能なので利用しない手はないですね。

先に「DesignDoll カメラビューと3Dビュー(パースペクティブビュー)の位置を同じにするやり方」を前回説明をしたのは、カメラビューが表示されているときは、カメラビューの方のアングルで画像が保存されるためだったのです。

DesignDoll カメラビューと3Dビュー(パースペクティブビュー)の位置を同じにするやり方

DesignDoll カメラビューと3Dビュー(パースペクティブビュー)の位置を同じにするやり方00

DesignDoll カメラビューと3Dビュー(パースペクティブビュー)の位置を同じにするやり方

やばし。3Dによる次世代のデッサン人形なのにポーズをいじるだけでちょっと楽しい気分に。

気を取り直して今回は「カメラビュー」のアングルを「3Dビュー(パースペクティブビュー)」に、
もしくは「3Dビュー」のアングルを「カメラビュー」に持って行くやり方です。

DesignDollの3Dアイテム追従設定

DesignDollの3Dモデル追従設定00

DesignDollの3Dアイテム追従設定
前回「DesignDollのポーズ、モデル共有サイトを利用してみる」で、「ドールのアトリエ」の紹介と、投稿されているポーズ・モデルの呼び出しを紹介しました。

今回は、投稿者によって設定されたアイテムの追従設定の変更です。

DesignDollのポーズ、モデル共有サイトを利用してみる

DesignDollのポーズ、モデル共有サイトを利用してみる

おぉ… なんか別のサイトみたい。

「DesignDoll」には無料版とライセンス(有料)版の二つが用意されていますが、今回の紹介はライセンス版に備わった機能となっています。

DesignDollのモデルに直接線を描いてみた

DesignDollのモデルに直接線を描いてみた00

DesignDollのモデルに直接線を描いてみた

しょ、正直ここまで描く必要は…

デザインドールは3Dモデルのポーズや体型が比較的簡単に調整できることが分かりました。

しかしモデルがのっぺらぼうの為、特に描く人によって瞳のサイズや生え際などがガラリと変わるデフォルメキャラだと、顔のアタリも欲しくなってきます。

DesignDollで体型を変えていこう

DesignDollで体型を変えていこう00

DesignDollで体型を変えていこう

毎日同じ朝ご飯だと飽きるように、かわいい子描こうと日夜頑張っていると反動でごっつい筋肉を描きたい時ってありますよね!

な、ないですかそうですか…

「DesignDoll」は難しいポーズの絵を描く際におおいに役立つ3Dデッサン人形ソフトウェアです。