画像データの拡張子 PSDとは?


画像データの拡張子 PSDとは?

PSDはAdobe社からでている画像編集ソフト「Photoshop」の標準画像保存形式です。

画像データのみならず、デジタルイラスト製作段階でほぼ必要不可欠な「レイヤー」や「アルファチャンネル」といったいろんなデータを丸っと一緒くたに保存してくれるすごいお方です。

逆に言うと、印刷所に提出したり、ホームページやブログに画像を飾るときには不要なデータ満載ということになりますので、あくまで自身がデジタルイラストを作業しているときに保存しておく形式。ということになるでしょうね。

また「レイヤー」ごと保存してくれるということは、BMPファイルが幾重にも重なった状態のものを保存しているようなものなので、データ容量はすさまじくでかくなります。

ハードディスクを圧迫したり、作業中PCの動作が鈍くなったりする場合は、不要なレイヤーを削除、またはレイヤー同士を合体して容量を軽くする。といった工夫が必要になってくるかもです。

PSDは「Photoshop」の標準画像保存形式でありますが、その汎用性の高さから、他のイラスト・画像編集ソフトでも保存・利用できたりします。

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク