「G105」 ゲーミングソフトウェアでショートカットの割り当てを共有する


「G105」 ゲーミングソフトウェアでショートカットの割り当てを共有する

な、なんか上手いタイトルが思いつきませんでした…

どういうことかというと、まず前回の記事で「ゲーミングソフトウェア」を利用すればソフトごとに「G105」の「Gキー」のキーの割り当てが可能という話をしました。

 
そして今回ですが、「Photoshop」や「CLIP STUDIO PAINT PRO」を「ゲーミングソフトウェア」で登録するとき2つ共有にしてしまえば、わざわざ「Photoshop」用と「CLIP STUDIO PAINT PRO」用を個別設定せず、「Gキー」への登録が1回で済むじゃあありませんか!というお話です。

「Photoshop」と「CLIP STUDIO PAINT PRO」だと同じ効果がほぼ同じショートカットキーになってますので、場合によっては有効です。

ただ一部ショートカットが異なっていたり、そもそも存在しないのもあるで、「Gキー」に覚えさせたいショートカットによっては、「Photoshop」と「CLIP STUDIO PAINT PRO」どちらかで「ショートカットの変更」を行う必要があったり、諦めてソフト別に「Gキー」を設定しなければなりません。

アクション機能で無理矢理「Gキー」を共通にできそうですけど、多分ソフト別に設定するより手間になります。

 
ちなみに「ショートカットの変更」は、
「PhotoshopCC」だと「メニュー」バーの「編集」の中、
「CLIP STUDIO PAINT PRO」だと「メニュー」バーの「ファイル」の中にあります。

 

 

ショートカットの割り当てを共有手順

ゲーミングキーボード G105
ゲーミングキーボード G105/LOGICOO
Amazon ゲーミングキーボード G105詳細ページへ

今回はこちらの「CLIP STUDIO PAINT PRO」用に設定したプロファイルに「PhotoshopCC」を共有させてみます。

 
前回の記事でもやりましたが、「ゲーミングソフトウェア」に「PhotoshopCC」のexeファイルの場所を指定しなければなりません。

エクスプローラー画面から指定しても良いですが、どこにインストールしてたか忘れていたり、辿っていくのが手間だったりするので、タスクバーにショートカットアイコンがあるなら右クリック右クリックでプロパティを表示させます。

 
プロパティ画面が表示されたら「リンク先」をコピー。

 
「ゲーミングソフトウェア」画面に戻って、「プロファイル」に入れてる「CLIP STUDIO PAINT PRO」のアイコンをダブルクリック。

 
「プロファイルプロパティ」画面の左下あたりの「+」ボタンをクリック。

 
エクスプローラー画面になるので、先ほどコピーしたリンク先をペーストして「開く」。
コピーできなかった場合は、フォルダを辿ってexeファイルを指定しましょう。

 
「プロファイルプロパティ」で「Photoshop」のexeが追加されたら成功です。

これで「CLIP STUDIO PAINT PRO」用に設定した「Gキー」の設定を「Photoshop」でも利用できるようになります。

 

まとめ

ゲーミングキーボード G105
ゲーミングキーボード G105/LOGICOO
Amazon ゲーミングキーボード G105詳細ページへ

「選択範囲の反転(「Ctrl」+「Shift」+「I」キー)」など、同時押しに必要なキー数が多くて、「Photoshop」「CLIP STUDIO PAINT PRO」共通のショートカットを覚えさせたい場合は有効ですね。

逆に共通してないショートカットを多用している場合は、上で述べたとおり無理して共有化せず個別で設定した方が良い気がします。

もちろん「Photoshop」「CLIP STUDIO PAINT PRO」だけじゃなく、色んなソフトをプロファイルに入れることができますので、共通のショートカットのソフトを沢山利用されている時などいかがでしょ?

 
以上、「「G105」 ゲーミングソフトウェアでショートカットの割り当てを共有する」でした~